ブログ|[本陣樋口山] 米原 醒ヶ井宿 長浜市・彦根市からも程近い清流の里にて虹鱒 (ニジマス) を中心とした日本料理を提供しています。ご会食は勿論、観光の際のお食事にも。

ブログ

「ひな祭り食事会」 のお知らせ

2019/02/12

 前年の2月に地元で ”米原レストラン" 事業のお手伝いをさせていただいた後、何組かのお客様のご来店を

いただきました。その際に「ここで食事会をされたら嬉しいのに、、」と、お声掛けしていただきました。

そこで、今回は"ひな祭り"を兼ねての食事会を開くことにいたしました。

 

『 ひな祭りの宴   音ウフッ! の会 Vol.2 』

2月26日 ( 火曜日 ) 開場 午後5時    開宴 午後6時半 ( 午後9時頃終宴予定 )

   お代金  一汁五菜 4,500円 ( 税・サ込み )

3月 3日 ( 日曜日 ) 開場 午前11時   開宴 午前12時半 ( 午後3時頃終宴予定 )

   お代金  一汁三菜 3,000円 ( 税・サ込み )

 ※お食事代金にはお飲物料は含まれません。また、両日共に20名様のお席とさせていただきます。

 

" 米原レストラン " での献立とは、違った趣向でお迎えしたいと準備しています。

お友だちやご家族、気のおけないお仲間同士おいで下さい。もちろんおひとり様も大歓迎です。

お集りの皆さんが、ひと時楽しく過ごしていただければと考えています。

ご予約はこのホームページ内の右肩にある "メールでのお問い合わせ" フォームから、または直接

お電話にてお願いいたします。尚、ご予約締め切りは2月23日とさせていただきます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

 


今年も" ライトアップ "行われます !!

2017/06/27

今年も7月22日(土曜日) から8月6日(日曜日)の期間、午後7時半から「地蔵川ライトアップ」が行われます。

昼の自然光の下とは、また趣きも違ってご覧になれると思います。

川風は昼間よりも一層涼しく感じられ、せせらぎの音だけが見る者を包んでいくようです。

蛍狩りの期間が短かったためなのか、うちでもお問い合わせを頂くお電話が増えています。

「週末、仕事終えてから見に行くことできますか?」

「8時前までは、まだ陽が残っていますからゆっくりとお出で下さい。」

と、ご案内させていただいています。

「虫除けのご用意をお忘れなく、、、。」

 

 


湖から初夏の便り

2017/06/20

琵琶湖からビワマスの姿がよく見られる季節になりました。

写真のものは、昨日獲れたものを近くの漁師さんに頼んで分けてもらい、約一日寝かせて、

今日のお昼に焼いてお出ししました。
 
頭は遠火でゆっくりと火を入れると、香ばしさと身の甘味が本当に美味しいです。
一匹でお二人分しか用意できませんので、ご予約様を優先にさせていただいてます。
まだシーズン始まったばかりですので、ご連絡をお待ちしております。
 

夏の風物詩

2016/10/29

今年も "梅花藻" はかわいらしい花をつけ始めました。

梅雨の最中であっても、雨水で良くなっていくのは鱧ばかりではなく、写真の梅花藻も成長がよく

分かります。本当に小さな花で小指の頭程の大きさしかありません。つぼみの内は水中で流れに

まかせてゆらゆらと漂うように見えますが、花が咲き誇る頃には、川面からすくっと立ち上がった

かのように見えます。

例年梅雨明けから8月末頃までが見頃になっています。その頃になりますと、句会や吟行などの趣

味の会でお集りになるグループや団体様で、川縁の中山道も古人の旅のように賑わいます。g


テレビ放送を終えて

2016/06/26

今日は23日の "BSプレミアム" 放映後の最初の日曜日でした。

予想外にたくさんの方々が、醒ケ井に足を運んで下さいました。

休日ということもあり、ご法事や会食のご予約があり、お席をご用意することができず、

遠くからお越しいただいた方には本当に申し訳ありませんでした。

さて、番組内で押切もえさんが、賢明に眼を凝らして探していらしたのがこの写真の魚です。

写真ではよく分かりませんが、胸びれの脇に朱色のトゲを持つ魚で "ハリヨ" といいます。

私が幼い頃には川に釣り糸を垂らせば、すぐに釣ることが出来ましたが、水環境の変化に

伴い次第に生息数が激減しています。

人間にとっては、気が付きにくい僅かな環境の変化が、こういった弱い生物の生存を脅かしている

ことにもっと注視して、水環境を守っていかねばならないことを、あらためて教えてもらいました。


ページの先頭へ